February 23, 2008

あぁ、阪神タイガース

 私は約20年来の阪神ファンである。生まれも育ちも関東なのだが、1985年の21年振りの劇的な優勝を見て以来、あの縦縞のユニフォームを応援せずにはいられなくなってしまった。最近でこそ2003年、2005年と立て続けに優勝をしているが、1985年から2002年までの約20年の間は優勝はおろか、最下位が10回と目も当てられないような状態であった。しかし何故か応援せずにはいられない、何とも言えない不思議な魅力を持ったそんなチームなのである。

 さて、その阪神タイガースの第28代監督(1999年~2001年)を務めた、現 楽天イーグルス監督の野村克也氏の著書が「あぁ、阪神タイガース-負ける理由、勝つ理由」を読んだ。さすが知将と呼ばれる同氏の作品だけあり、具体例に富んだ、とても説得力のある内容であった。

 この本を読み終えて、思ったこと。①阪神は近い将来、再びダメ虎になるだろう、②楽天は今シーズンひょっとすると大健闘する=プレーオフ進出(3位以内)は堅い!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2006

久しぶりの電話

3年前にまだ私が学生だった頃、バイトで塾の個別講師をしていた生徒から、今晩突然電話があった。当時彼はまだ小学生だったのだが、3年ぶりに聞いた彼の声はすっかり声変わりをした大人の声だった。

でも変わっていたのは声だけで、3年前の素直な心や人への感謝は全く変わっていなかった。3年間全く連絡をしなくて申し訳ないと思っていたということ、中学を卒業し無事に高校受験に合格したということ等々。10分間の電話ではあったが、親や回りから沢山の愛情を受けて良い子に育ってるなと感じて、とても嬉しく思った。

「これからも連絡していいですか?」という彼の言葉に、私は「もちろん」と応えた。一日の仕事の疲れが取れる電話だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2006

プレゼンテーション

本日、入社以来初めて、社内の偉い人たちの前でプレゼンをした。かれこれ一ヶ月間色々と悩み、準備したプレゼン資料だったが、初めて聞く人に話す話としては内容を絞り込めていなかった為、満足のいくプレゼンが出来なかった。自己採点60点。

発表時間が15分という短い時間であったことも理由の一つではあるが、やはり初めて聞く人が一目で分かるようなコンセプトマップを作ることがとても大事だと今日は実感した。

プレゼンとは「聞き手にポイントを明確に理解させる」ことがとても重要。いくら内容がすばらしくても聞き手が理解できなければ何も意味が無い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2006

脳トレーニング

今日初めてNintendo DSの「脳を鍛える大人のDSトレーニング」をやった。結論から言うとすごく面白くてはまってしまった。

このゲームは人がもつ”実年齢より若く見られたい”という欲求をうまくついて、脳年齢を表示することにより、競争心をあおっている。尚且つ、日々トレーニングをすることで脳年齢が若返っていくのが実感できるからとても楽しい。きっと家族でやるととっても盛り上がるでしょう。

ちなみに僕はこのゲームの根拠になる脳機能計測装置、すなわち計算や読み書きをするときに脳の血流はどこが活発に流れているかを測る装置の原理について研究をしていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2006

自分へのご褒美

1月は仕事が忙しく、よく働いたので自分へのご褒美×2。

まずは美味しい食事で食欲を満たす@sabatiniパルコ渋谷店(http://www.sabatini.co.jp/gioventu/pep.html)。Hotpepperのクーポンを使えばグラスワイン無料のサービスがあるし、3,000円のコースなら前菜・パスタorピザ・肉料理or魚料理・デザート・カプチーノがついてきてお腹いっぱいになります。しかも美味しい!!とっても満足。

さらに、前から欲しかったiPod nanoをついに購入。早速色々使ってみる。Pod castingを使うとCNNの最新ニュースを毎朝聞けたりできて、とにかく情報を沢山とることができる。今朝の日経新聞にはこんなことが書いてあった。「iPodは単なるウォークマンの進化形だと思っていたが全く別物だと気付いた。パソコンを経由してネットの膨大な情報と自分が繋がっている点だ。広大な仮想空間で生まれ変わったような心地良さが確かにそこにはある」と。

jerat

| | Comments (22) | TrackBack (0)

January 27, 2006

キャリアデザイン

とある講演会に出席して、考えさせられる話を聞いたので記録しておく。講演者は某大学の教授で、キャリアデザイン論専攻。民間企業で人事部の仕事に長い間携わっていた経歴が有り、企業で働く者にとっても分かりやすい内容であった。

特に印象に残った部分を抜粋する。

「日本では小学校から大学に至るまで、教師から教わるという姿勢での教育が根付いており、自分の頭で考えることをほとんどしない。さらにそれに拍車をかけるように、最近の若者はITが普及したことにより、簡単に情報を入手することに慣れてしまい、本を読んで多面的に物事を捉えることをしない為、得た情報を鵜呑みにしてしまう。」

「日本にサラリーマン社会が浸透して約30年以上が経ち、上司の目を気にして仕事をする社員がとても多くなっている。しかし企業と従業員の関係が益々多様化していくこれからの社会では、個人が自己のキャリアデザインをしっかり描かなければ個人は不幸になってしまう。」

「一つの企業にいる人間はどうしても同じような価値観を持つようになってしまう。社外の人間との異業種交流会を積極的に行うことで、自分を高めていって欲しい」

どれも一般論としてはよく聞く話なのであるが、とても耳の痛い部分があるのは否めない。特に二番目の上司の目を気にしながら仕事をするという部分はそうならないようにしようと思いつつも、どうしても上司の考えに沿って動こうとしてしまうところがある。

一方で一番目の自分の頭で考えないという部分については、そうともいえない部分があると思う。最近はブログが普及したことで、個人が自分の考えや意見を発信するケースは以前に比べれば増えているからである。但し、本当に体系的に他人の考えを理解する上では、読書をすることが大切であるのもまた事実だと思う。

最後の異業種交流会については大いに賛成する。講演者も30年以上前にこうした交流会を行い、ピーク時は150名にまでなったのだと言う。同じ企業にいる人間が同じような考え方になりがちで、違う視点からものを見る為にも異業種の人と定期的に交流することはとても役立つと思っている。たとえそこから形として何かが生まれることは無くても、いつか自分の中で役立つときが来るという気がしてならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2006

体調管理

18日(水)に風邪を引き、体調は最悪だったものの、何とか忙しい一週間を乗り切った。先日、モチベーション云々のことを書きましたが、当然、心身ともに健康でいることが何より大切だと実感。

根性で解決できないカラダの不調を感じたらhttp://www.cocokarada.jp/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2006

一週間の歩数記録

この一週間の活動量記録を一挙公開!

9日()16,003歩、10日(火)10,322歩、11日(水)8,852歩、12日(木)8,330歩、13日(金)8,152歩、14日()10,178歩、15日()11,655歩

どうやら休日は10,000歩以上、平日は8,000歩以上が現実的な目標設定のようです。でも平日に8,000歩以上歩くというのは結構厳しくて、最近は行き・帰りともなるべく最寄り駅から1駅隣の駅まで歩くようにしてます。

冬は寒いからあまり長い時間歩きたくないように思われがちだけど、10分以上歩いているとカラダがぽかぽかしてきて気持ちいいものです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 13, 2006

OB訪問

今日は学生からOB訪問を受けた。去年もかなり多くの学生(約30人)からOB訪問を受けたが、今年もその季節がやってきたわけだ。

学生に自分の仕事や就職した時の話をしていると、自分自身が初心に戻れるので、OB訪問は基本的には全て受けるようにしている。

今回のOB訪問で感じたことは、やはり就職は自分の人生(生活)の大半を占めるものであり、自分の気持ちに正直に職場を選ぶべきだと言うことだ。すなわち自分が一番Happyに感じるときはどんなときで、それを実現できる職場はどこなのかと言う視点で職場を選ぶべきだと思う。

具体的に言えば、「商社は幅広く事業に関れる点が魅力で、自分の気持ちを押し通すことが得意な自分は商社に入りたいと思っている」と学生は言うのだが、実際には商社マンはパートナーやお客さんとの付き合い方を含めて、如何に柔軟に立ち回れると言う点も重要である。この点を理解しないで就職してしまうと、自分を押し通すことが出来ない環境にUnhappyを感じてしまい、辛くなってしまうだろう。

実際、自分自身のことを考えてみても”どんなときに自分は一番Happyなのか”という問いの答えはすぐに出てこない。でもそんなことを意識して自分の職場を振り返ってみることは大事だなと今回のOB訪問で感じた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カスタマーサービス

最近、色々な場面でカスタマーサービスが悪いなぁと思うことがある。

例えば飲食店。こっちはただお腹を満たしに来ている訳ではなく、食事を楽しみに来ているにもかかわらず、店員の態度が乱暴だったりするととても食事が美味しくなくなる。そして例えそれが一人の店員であったとしてもその店には二度と来たくなくなってしまう。

そういう意味では少し高くても、やっぱり店員が親切で食べなれたお店がいいなと思ってしまう今日この頃。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«モチベーション